千葉勝弘

<専門科目>

手踊り・三味線

<経歴>

昭和40年4月 黒石市中川の踊りの名手、神昭男氏の門下生となる
昭和45年6月 社団法人日本フォークダンス連盟主催の指導者講習会講師として「津軽小原節」を指導
昭和46年2月 RAB青森放送第2回青森県踊り名人位獲得
昭和48年11月 郷土民謡協会主催第13回郷土民謡全国大会において日本一となる(津軽小原節)
昭和55年5月 黒石よされ学校専任講師
昭和59年10月 津軽民謡短期大学専任講師
平成8年11月 黒石よされ後継者育成専任講師
平成19年11月 黒石市褒賞受賞
現在に至る

千葉勝弘 公演情報

<津軽伝承工芸館三味線ライブ>

4月中旬~11月上旬
毎週、金・土・日曜日
11:30、12:00、12:30、13:00
(1日4回公演)
※4月20日~5月5日は毎日公演

<青荷温泉三味線ライブ>

毎週、金曜日18:00~

♪お・ま・け♪
千葉勝弘&黒石よされ学校津軽民謡ショー
平成17年5月21日(土)兵庫県伊丹アイフォニックホールで行われた
「千葉勝弘&黒石よされ学校津軽民謡公演」
本番直前の集合写真とプログラムを紹介します。

文字の大きさを変更する 縮小 標準 拡大