• ホーム
  • »
  • 黒石よされ由来・語源

起源は、山岳宗教が盛んであった500年から600年前で

盆踊りの時の男女の恋の掛け合い唄であったといわれています

黒石の盆踊りが盛んになったのは、天明の頃(約200年前)

境形右衛門(さかいぎょうえもん)という家老がいて、付近の農村から城下町に人を集める

商工振興対策として力を入れてからだといわれています

そして、幕末の頃黒石の盆踊りは「分銅組若者日記」によると

「つつみ・太鼓・三味線その数知らず」とあり、その盛況さがうかがわれます

現在黒石よされは、市街地を中心に約3千人余の

踊り子たちが流し踊り、乱舞を繰り広げております

よされの語源には定説がないが、次のような語源がある

○豊作で楽しいときには「仕事をよして楽しく踊りなされ」
  凶作で苦しいときには「このような世の中は早く去れ」

上記2つの文句から、豊作の場合は「よして」と
「なされ」を短く言って「よされ」。凶作の場合は「世」
と「去れ」を短く言って「よされ」。この語源が一番有力である
また、この他の語源を紹介すると

○酒席から邪魔者の与三郎を追い出すため「与さ去れ」

○止され、おかされという羅城門の洒落から出たもので
庄内節の変化などといったものがある

文字の大きさを変更する 縮小 標準 拡大