ブランデーとは?

いつ、どのようにして作られたのが始まりかは定かではないが
十五世紀のフランスではすでに作られていたという記録があり
オードビー(生命の水)と呼ばれていたらしい。
ブランデーとはフルーツを発酵させ蒸留した全ての酒を指すが
一般に単にブランデーという時はグレープブランデーのことで
他の場合はフルーツブランデーと総称され、リンゴから作ったカルバドスなどが有名。
ブランデーにはV・S・O・Pなどの等級ががあるが
これは貯蔵年数を目安にしたもので、世界共通の基準があるわけではなく
メーカーによってもまちまちである。
フランスのコニャック、アルマニャック地方ブランデーは世界的にも有名で
この名称はフランス国内法(AC法 原産地呼称統制法)で
厳しく規制されているだけあり、品質も高い。

サイドカー
ブランデーの風味のある
カクテル
(中口 27°)
ホーゼスネック
ジンジャエール主体の
幸運を呼ぶカクテル
(やや甘口 14°)
ニコラシカ
レモンとシュガーで
一気に飲むカクテル
(甘口 40°)
ブランデーエッグノッグ
卵とミルクの栄養ドリンク
(甘口 14°)

オリンピック
オレンジ主体のカクテル
(甘口 26°)
ビトウィーン・ザ・シーツ
ブランデーとホワイトラム
の組み合わせ
(甘口 36°)
ブザムカレッサー
卵黄を使った
甘口カクテル
(甘口 36°)

文字の大きさを変更する 縮小 標準 拡大