中野もみじ山

nakano-new01
nakano-new03
中野もみじ山散策マップPDFファイル

nakano-new-map01
nakano-new-map02

所在地 青森県黒石市南中野字不動舘27
中野神社
見頃 10月中旬~11月上旬ころ
散策例 中野もみじ山の秋の散策例を写真付きでご紹介しております。
所要時間 入口~中野神社…約10分。中野神社~観楓台…約10分
ライトアップ期間 平成30年
10月13日(土)~11月4日(日)
ライトアップ時間帯 平成30年
17:00頃~21:00
小嵐山弁当 ライトアップ期間中には
特設の床にてお弁当をお召し上がりいただく
「小嵐山弁当」企画も開催されます。開催日や詳細についてはこちらからご覧下さい。 『小嵐山弁当』ページ
アクセス ◆自動車…東北道黒石ICから十和田方面
(国道102号経由)約6km、所要時間約10分。
弘南バス:黒石駅から約30分。大川原線「中野神社前」バス停下車(徒歩1分)。または温川線、大川原線「中野南口」下車(徒歩10分)※見頃時期は大変混雑しますので、 その他ルートもご利用下さい。
最寄駐車場 中野もみじ山やすらぎの駐車帯
(無料・約100台完備・身障者用トイレ有り・会場まで徒歩3分)※混雑時は「津軽伝承工芸館
(無料臨時・200台完備・会場まで徒歩15~20分)をご利用下さい。

アクセス動画

弘南バス「中野南口」バス停から中野神社入り口までの道のりです。

やすらぎの駐車帯から中野神社入り口までの道のりです。

神社入り口から神社までの道のりです。

中野もみじ山情報

歴史

享和2年(1802年)弘前藩主津軽寧親(つがるやすちか)公が京都より百余種の楓苗を取り寄せ移植したのが始まり。
秋になると県内外から沢山の観光客が訪れる程、紅葉の名所として有名です。
また林中には、中野神社・不動館城跡があり、津軽三不動尊の一つがまつられていることでも有名です。
※津軽三不動尊…中野神社(黒石市)・長谷沢神社(黒石市)・国上寺(碇ケ関村)
山が燃えるような紅葉をはじめ、滝や渓流も同時に楽しめる中野もみじ山へ 是非お越し下さい。

樹木

中野神社には、樹齢200年のもみじ(カエデ科・カエデ属のイロハモミジ)を始め、樹齢600年の大杉(スギ科・スギ属のスギ)、樹齢200年のモミの木(マツ科・モミ属のモミ)が生育し、いずれも市の天然記念物に指定されています。特に大杉は、津軽地方の巨木として評価されています。





文字の大きさを変更する 縮小 標準 拡大